ストーンファング坑道-1 (Stonefang Tunnel-1)


 ボーレタリア王城-1の次に攻略しやすいステージでしょう。
ただ、特定の武器がないと苦戦しますので、嵐の祭祀場で「欠月のファルシオン」を入手するか、
ボーレタリア王城で入手できる「メイルブレイカー」か「ウイングド・スピア」を鍛えたものを用意すると攻略しやすいです。
また、魔法「ソウルの矢」を持ってくると攻略に役立ちます。
デーモン戦を簡単にしたいのならば、弓矢も準備しておきましょう。


ストーンファング坑道-1 ステージ攻略

■ 要石〜坑道入り口付近

 階段を上った先には、キラキラトカゲがいるので、逃げないように慎重に倒しましょう。
そのすぐ近くにエレベーターがありますが、使えないので気にせず先に進みます。
 ソウルサインが出ている通路を直進すると、頭上から岩が落ちてきます。
投げてくる岩を確認しながら、タイミングを見計らい走り抜けましょう。(砕けた後にも判定があるので注意)


 坑道入り口付近から直進していくと、もう一つ外に出れますが、ここも機械が止まっています。
そこの入り口左側にハンドルが設置されているので、作動させましょう。
すると、滑車が回りだし、エレベーターに乗れるので、岩を投げてきた敵の場所と下にあるアイテムが取れるようになります。
(※下記参照 - 最下部で原生デーモンが出現します。)
上に行くと公使が待ち構えているので、火の魔法を避けながら攻撃して離れるを繰り返すことで倒せます。
「叩き潰すバトルアックス+1」を入手したら、そこから飛び降りてショートカットで戻りましょう。(落下ダメージ(小)に注意)


■ 坑道広場〜広場2階

 先程の入り口に戻ってきて中を確認してみると、敵が一生懸命に石集めをしています。
「つるはしを持っている工夫」以外は、こちらから攻撃しない限り襲ってこないので、
「つるはしの工夫」を倒した後で、他の敵は背後から「致命の一撃」を与えて倒しましょう。
 「つるはしの工夫」はかなり攻撃力が高いため、油断しないように注意。
また、袋を持っているタイプのものは一度しか出現しませんが、大量の鉱石を落とすので、見つけたら倒しましょう。
 通常の武器だとなかなか倒せない敵なので、準備してきた刺突武器や魔法攻撃付きの武器、魔法にて対処します。


 トンネルを通ると広間に出ますが、奥の障害物の後ろに番犬が3体も潜んでいます。
警戒せずに広間にはいると、囲まれてしまうので、一匹ずつおびき寄せ、番犬の攻撃を後退して避けながら撃破しましょう。
また、犬がいた奥には公使が居るので、先程の公使と同じように魔法を避けながら倒します。

 その部屋の右側には、広場の二階へ出れる入り口があるのですが、つるはし工夫が待ち伏せているので、
近くに寄って空振りさせた隙を狙って攻撃するとよいでしょう。
部屋に落ちている「つるはし」を入手した後、階段を上ると2階部分へ出られます。


 盗人の指輪を装備すれば気付かれないのですが、向こう側の高台から公使が魔法を放ってくるので移動しましょう。
公使がいる高台へ移動するの橋は、乗ると崩れてしまうので、壊れない左端の部分を渡って進みましょう。
公使で苦戦するのならば、「ソウルの矢」で遠距離攻撃すれば比較的安全に撃破できます。
 そこの高台から落ちて、工夫が集まっている壁際付近には、レバー(幻影付き)があるので動かしましょう。
これを引けば3階にあった鉄格子が開き、先に進むことができるようになります。


■ 水車がある部屋〜鍛冶屋エドまで

 先に進むと、右手に火トカゲが壁に張り付いているので、魔法で倒してしまいましょう。
近づくと炎の攻撃を食らい、飛び掛り攻撃も仕掛けてくる、案外厄介な敵なので、油断しないように倒します。
 木の通路を奥に進んでいくと、霧がかかった通路が見えますが、まずはさらに先に進んで外に出ましょう。
奥にはハンドルがあり、これを回すと坑道入り口付近のエレベーターが稼動し始め、
スタート地点まで戻ることができるようになります。
地下に降りていくと、度々お世話になる鍛冶屋エドがいるので、忘れずに動作させましょう。
これで、硬石と鋭石系以外の強化もできるようになります。


■ 霧の通路〜デーモン前まで

 階段を上り進んでいくと、つるはし工夫が角で待ち構えているので、近寄って空振りさせてから撃破します。
工夫の鍛冶場を抜け先に進むと、水車の上に出れます。

左側には、蜘蛛糸鋼の鉱石を持つキラキラトカゲ(結晶トカゲ)(ここ以外のトカゲは落とさない)がいるので、
気付かれないために事前に「盗賊の指輪」を装備して、ロックオン。
逃げられないように、魔法「ソウルの矢」の連続攻撃で倒してしまいましょう。
ただ、近寄ると岩を投げられるので、アイテムを取ったらすぐさま引き返して違う道を探します。

 通ってきた鍛冶場の入り口の右側には、火薬樽の障害物で隠れている道があり、
そこを通れば安全に後ろに出れるので、敵を倒したければ、一体ずつ相手をしましょう。
 また、橋の向こうに遺体が数体いてアイテムがある場所は、渡ると橋が崩れてしまうので、
ダッシュで素早く通り抜けないと、エリアから脱出してからまた来ないといけなくなるので注意。


 火トカゲや番犬がいる道を進むと、一番奥にハンドルが見えるので動作させて、そこから降りましょう。
溶岩で進めなかった通路が水によって冷やされて進めるようになっているので、アイテムを入手しながら進みます。
その先には、公使と大量の火薬樽が置いてある部屋が見えるはず。
魔法で爆発させられるので、爆発を避けてから一気に近付くとよいでしょう。
自身があるのなら、ローリングで樽を壊しながら、魔法を避ける方法もあります。
不安ならばここも、遠くから魔法で攻撃することで比較的安全に倒すことができます。

 霧の入り口を潜った先では、岩が頭上から落ちてくるので、注意しながら進みましょう。
その先に進めれば、地下へと移動するためのエレベーターがあるので、起動させればデーモンがいる場所へと移動できます。
 尚、このエレベーターの状態は、エリアの出入りなどではリセットされないので、
下がったまま移動した後、確認もせずに乗ろうとすると穴に落ちることにもなるので注意が必要です。



 火炎弾と蜘蛛の糸で遠距離、至近距離関係なく繰り出してくるかなりの強敵。
 プレイヤーとの距離が離れている場合は、火炎弾・蜘蛛の糸で繰り返し攻撃してきます。
至近距離だと、脚によるなぎ払い攻撃と体全体で押しつぶし攻撃、強力な火炎ブレスまで放ってきます。


 ですが、奥の壁際に立つだけで火炎弾は当たらなくなるので、弓矢で遠距離攻撃するだけで安全に撃破出来ます。
蜘蛛の糸は当たってしまうことが多いのですが、攻撃力は低く、移動速度を遅くするだけなので気にしないで攻撃しましょう。
 また、なるべく近寄った方が矢の攻撃力が上がるので、通路を塞ぐような蜘蛛の糸の攻撃が出るぐらいまで近寄って、
矢を連射しているだけで倒せます。
炎の威力を下げる指輪や魔法も一切必要ありません。


 それでも接近戦を挑むなら、「防護」や「完全な防護」があると楽になります。
脚のなぎ払い攻撃が厄介なので、近くで両足が降りるまで待ってから攻撃をしていきましょう。
押しつぶしは、ローリングで回避し、口に炎が見え始めたら、トンネルの奥まで素早く移動して回避します。
炎耐性が高いため、火線や松脂などの攻撃は封印して挑みましょう。
討伐すると、「純粋な蜘蛛糸鋼」、「硬質のデモンズソウル」が入手できます。




■ 鍛冶師エド

 ボールドウィンの双子の兄弟。好き好んでこの場で鍛冶業に勤しんでいる。
全ての鉱石・デモンズソウルで強化できる武器を作れる優れた鍛冶屋なので、度々お世話になります。
 会話の内容を進めておき、デーモン「炎に潜むもの」を倒した後に「赤熱のデモンズソウル」を渡す事で、
デモンズソウルを使った特殊な武器の生産が出来るようになります。
(殺してもいないのに、突如としていなくなるバグがあるらしい。)


■ 原生デーモン出現

 エリアのソウル傾向「真黒」で、つるつるした丸い形の敵「原生デーモン」が出現します。
高確率(1/10ぐらいで出現しない)で貴重な「色のないデモンズソウル」が入手できます。



・白くべたつくなにか×2
・叩き潰すバトルアックス+1
・硬石の塊
・鋭石の塊
・みなぎ石の欠片
・つるはし
・溶石の欠片
・竜石の欠片
・みなぎ石の欠片
・硬石の大きな欠片
・スチールシールド
・グレートクラブ
・竜石の欠片
・毒に耐えるものの指輪
・鋭石の大きな欠片
・儚い瞳の石
・蜘蛛糸鋼の欠片×2
・クリス・ナイフ
・蜘蛛糸鋼の塊



名前 獲得ソウル ドロップアイテム
結晶トカゲ 10 硬石の欠片×8、鋭石の欠片×8
結晶トカゲ 10 蜘蛛糸鋼の欠片x4、蜘蛛糸鋼の塊x1(x2)、純粋な蜘蛛糸鋼
鱗肌工夫(拳) 3 蜘蛛糸鋼の欠片、アイアンナックル
番犬 29 なし
鱗肌工夫(袋) 3 鉱石(硬、鋭、みなぎ石など)
鱗肌工夫(つるはし) 4 鋭石の欠片、鋭石の欠片×2、硬石の欠片、硬石の欠片×2、つるはし
鱗肌工夫(ハンマー) 4 ミルド・ハンマー、にび石の欠片
鱗肌工夫(剣) 12 バスタードソード、ブロードソード
鱗肌工夫(岩投げ) 36 蜘蛛糸系鉱石
公使 548 クレセントアクス、満月草
火のトカゲ 61 溶石の欠片
原生デーモン 158 色のないデモンズソウル
タカアシ鎧蜘蛛 14875 純粋な蜘蛛糸鋼、硬質のデモンズソウル

トップページ | デモンズソウルについて | サイト概要 | お問い合せ | リンク
inserted by FC2 system